目次


東医体  2014/08  鈴木

M3の鈴木です。今回は東医体の女子に関して振り返ることにします。

まず団体戦についてです。最終的な結果としては全敗してしまいましたが、いままで団体戦にあまり出たことのない私やまりえちゃんを前の方で出させてもらうオーダーにして、私たちにとっては良い経験の場になったと思います。6年生のお二人は今回が最後だったので、一緒に出ることができて思い出に残る大会でした。

次に個人戦についてです。ダブルスは五十棲さん荒井さんペアがベスト32でした!シングルスは、今回どの部員もとってもとっても当たりが悪くて、なかなか苦戦しました…。

団体、個人ともに女子に共通する課題としては、試合の時のメンタルの弱さがあげられます。こればっかりは経験を積むしかありません…。あとは、メンタルとも関わりがあることですが、焦って打つタイミングが早まってミスするパターンも見ていて(私自身も)多かったので、普段からそういった点を意識して練習していきたいと思います。

前述したとおり、今回の東医体は6年生の先輩お2人にとって最後でした。私が入部して以降、女子部員で卒業生がでるのは初めてなのでかなりさみしいですが、来年以降私も相対的に学年が上の方になるので、今後一層気を引き締めて頑張っていきたいと思った大会でした。




鶴見杯  2013/10/14  山本

鶴見杯はいくつかの大学によって行われる、大学で卓球を始めた3年生までの人が参加する小規模な大会です。今回の鶴見杯は昭和大学の体育館にて行われました。

ここでは主に我々男子の状況について書いていきたいと思います。といっても、医科歯科は三年生には初心者初めがおらず、一年男子にもいないという状況で、さらに医学科二年のカリキュラムでは翌日が試験、ととても間が悪く、男子の参加者は自分と歯学科の金を含めた二人だけ、となってしまいました。まあこればっかりはしょうがないですよね……

今回の大会は、運営の都合かわかりませんが午後開会という変則的なタイムスケジュールで、自分は試験勉強で夜を徹した後仮眠してからの出場、ということで必ずしもコンディションがいいというわけではありませんでしたが、リーグに恵まれた(リーグ内最高学年が二年)おかげでリーグ内二位となり、上位トーナメントに進出することができました。ただトーナメントでは初戦で敗れてしまい、力不足を痛感しました。レシーブの失点が多かったように感じたので、そこの訓練、つまり初見のサーブにも対応ができるような練習が必要でしょう。

収穫としては、リーグ戦で同学年の人に勝てたということがあります。カットもそれなりに決まっていて良かったですが、今後はもっと安定性を上げていきたいですね。




鶴見杯  2013/10/14  古屋

2013年10月14日に昭和大学の体育館で鶴見杯が開催されました。鶴見杯というのは、大学生になってから卓球を始めた人で、3年生以下の人が出場できる大会です。今回の鶴見杯には、東京医科歯科大学のほかに昭和大学、横浜市立大学、聖マリアンナ医科大学、東京女子医科大学などが参加していました。

鶴見杯ではまず、5〜6人で総当たりのリーグ戦を行い、その上位3人は上位トーナメント、その他の人は下位トーナメントに進んで試合が行われます。私は、5人リーグにおいて2勝2敗で3位となり、目標としていた上位トーナメント進出を果たしました。しかし上位トーナメントでは残念ながら初戦で敗退となりました。医科歯科からは、私のほかに医学科2年の山本君、歯学科2年の金君が参加しましたが、2人とも上位トーナメントに進出したものの初戦で敗退となりました。

課題としては、レシーブ力の不足やミスが多いことなどが挙げられると感じました。試合になると緊張してしまうことも課題のひとつです。今後の練習で克服していきたいと思います。しかし、今回の鶴見杯では以前よりドライブが入るなど収穫もありました。

今回の大会を踏まえて、今後も練習に励み次はもっと良い内容の試合ができるようになりたいと思いました。

最後に、今回私たちのために応援に来てくださった皆さん、ありがとうございました。




夏合宿  2013/8/19〜22  島野

今年の合宿は例年よりも少し遅く、東医体後、夏も終盤に差し掛かる頃に始まりました。場所は富士山と山中湖が目前の月湖荘で、アポ取り等練習以外の指揮は合宿係の安藤がやりました。練習は毎朝早くから夕方まで、前日のミーティングでの反省を活かした課題を中心におこないました。温度・湿度ともに高い環境も相まって、練習終わりにはヘトヘトになった部員もいました。

試験的にiPadでプレーを録画しましたが、どれほど自分が誤った勘に頼っているか一目で確認できました。一週間近く卓球に集中したこと で皆上達しましたが、そのレベルをいかに維持するかということが問題でしょう。練習以外ではBBQや花火大会、田宮さんと大樹さんが一升 瓶を持って現れるというサプライズもあり、部員の仲が深まる充実した機会となりました。

そしてこの夏合宿にて主将が長原さんから中川さんへと引き継がれました。最終日に予期せぬハプニングに見舞われた長原先輩も、そして 他の元幹部のみなさまも、この一年間部活を引っ張っていただき本当にありがとうございました。中川さん仕切る新体制で始まる秋以降に は学連や新人戦などの試合ラッシュがありますが、合宿で残ってしまった課題を片づけてから迎えたいです。




東医体  2013/8/8〜11  伊佐

M1伊佐です。1年生でいきなり北海道というなんともお財布に厳しい東医体でした…東医体というのは東日本の医科学生が一同に会するかなり大規模な大会です。団体戦、個人戦に分けて自分なりの東医体を振り返ってみたいと思います。

まず団体戦。同じブロックに東北大,自治医大など強豪がいるという厳しい状況でしたが、個人として勝利に貢献できなかったのが残念でした。対東北大戦では長原先輩とのダブルスで一矢報いることができましたが、シングルスに関してはボロボロと言わざるを得ません。例えばサーブに頼り切っていて中盤から慣れられる、自分から攻めてない、攻めても威力がなく攻めきれないといったことが挙げられます。まだ具体的な改善策がなかなか見つかりませんが、これから先輩方にアドバイスをいただきながら改善していきたいです。

次に個人戦。個人戦は結果的にベスト16に残りましたが、とにかくアタリに恵まれたとしか言いようがありません。苦手な粒高やカットマンにあたらず比較的クセのない相手にばかりあたったことが勝因でしょう。来年は僕のブロックが穴だと知れ渡って各校のエース級が集まる可能性大なので、それまでにベスト16に見合うプレーができるように努力したいと思います。

初の東医体はわからないことばかりで戸惑うこともありましたが、部で食事にいったりジンギスカン食べ放題のレセプションがあったり、長原先輩に美味しいラーメンを奢っていただいたりと、食に関しては大いに楽しむことができました(笑) 大会自体でもっと活躍して楽しめるように尽力していきたいと思います。




オールデンタル  2013/8  赤倉

オールデンタル(全日本歯科学生総合体育大会)は、その名の通り全国の歯学部の学生による大きな大会です。結構歴史のあるこの大会ですが、今年は熊谷で行われました。一日目は団体戦、二日目以降は個人戦で、僕のオールデンタルはあっけなく二日目に終わってしまったので、団体戦について振り返ります。

団体戦は、なんだかんだで2位でなんとか決勝トーナメントまで進むことができました。しかしその2回戦、ベスト4決定戦で鶴見に惜しくも敗れてしまいました。僕は負けたのでものすごく負い目的なものを感じてます。

6年生の先輩方はこれで引退でした。年々結果が悪くなっている(らしい)ので、来年はより良い結果を目指します!そのためにも新歓頑張 らねば…




活動報告について

web長の山本です。

従来、部活動の報告的なものとして近況報告web長日記が存在していましたが、 web長の引き継ぎなどのごたごたでほとんど更新がない状態になっていました。そこで、「活動報告」という名前でその制度を復活させたのがこのページです。

役割としては、卓球部で何かイベントがあった際に、その出来事について部員に書いてもらおうと思っています。